gleich zum inhalt springen

クレンジングでマッサージ

メイクをとるときに一緒にマッサージ

顔のマッサージはしないよりはもちろんした方が良く、マッサージすれば血行やリンパの流れを良くして、顔色を改善したりむくみを改善したり、小顔効果も得られます。
しかしながら忙しいと少しの時間でも重要であり、マッサージするような時間をなかなか取れないでしょう。
そんな時は、クレンジングでメイクを落とすついでにマッサージするのはいかがでしょうか。

マッサージをするときは、クレンジングでもマッサージOKなどと書かれているクレンジングを使用しましょう。
それ以外のクレンジングは洗浄力が強いので、マッサージに使うと肌の必要な油分まで落としてしまいます。

マッサージで隅隅まで行うために、髪をヘアバンドで束ねて顔にかからないようにしておいた方が良いです。
クレンジング剤によっては、顔を濡らすとクレンジングが浮いて顔に馴染まず上手くマッサージが出来ないような製品もあります。
まずは濡らした場合と濡らさない場合の両方試してみるのも良いかもしれません。
また汚れを浮き上がらせるには、濡らさず使った方が良いです。

マッサージ方法

まずクレンジングを顔全体に馴染ませましょう。
このときは擦らずに、優しく塗るような感じで顔全体に馴染ませていきます。
ゴシゴシ擦ると顔の皮膚を傷つけるおそれがあります。
顔全体に馴染んだら、最初は鼻やこめかみなどの細かい部分をマッサージします。
クレンジングの滑りを使って、円を描くようにやさしくマッサージします。
細かい部分を行うときは、指5本全部を使うのではなく、中指や薬指などを使って行うと上手くマッサージでき、頬などの毛穴が開きやすい部分は汚れを浮き上がらせるようにイメージして行いましょう。

目元は皮膚が薄いので、強く擦らず優しく丁寧に行いましょう。
顔全体のマッサージが終了したら、最後は顎から首にかけてもマッサージします。
首の汚れを取る意味も、首回りの血行を促進する意味もあり、首は年齢が出やすい部分なのでマッサージしておきましょう。
すべてのマッサージが終わったら、最後はすすぎますが、水だと汚れが残りることがあるので、ぬるま湯で洗い流すと良いです。
あまり熱すぎるお湯は使わずに、心地よいと感じるぐらいの温いお湯で洗うと良いでしょう。
そして洗顔してさらに汚れを落としておきましょう。
クレンジングでとる汚れと、洗顔でとる汚れは違うので、クレンジング後の洗顔も欠かせません。

その後は美容液などをつけることとなりますが、十分にメイクが落ちていないのに美容液などをつけても効果は少ないので、まずはクレンジングを丁寧に行って汚れを落としましょう。
ただしクレンジングは時間をかけすぎても逆に汚れが落ちにくいので、丁寧な中にも素早く行うことが重要です。

        Older Articles