gleich zum inhalt springen

小顔マッサージ

小顔のポイント

女性なら誰でも小顔になりたいと思ったことはあるはずです。
小顔になるなら髪型を工夫したり、メイクを工夫したりすればある程度は小顔に出来ますが、元の顔がむくんでいたりするとそのような努力は報われません。
とくにこのむくみというのが小顔には大敵であり、むくむと顔全体がふくらんで見えるばかりではなく、目なども腫れぼったく見えるので、あまり良い印象の顔にはなりません。

小顔を意識してマッサージを行うときは、リンパや血液の流れを良くして、顔の老廃物を流して排出するということを意識して行うべきです。
特に指先を使って押すようにしてマッサージすると、押し出す効果があるので良いです、
マッサージするときに指先で行うときは、手を洗って爪も短くして綺麗にしておきましょう。

マッサージ方法

マッサージを行う前は、クリームを手に塗ってから行うと良く、何も塗らないと肌を引っ掻いたり摩擦で傷つけたりするので、それを防ぐためにも手にクリームを塗って行うと良いです。

マッサージするときは、顎からフェイスラインに向けて指でさする感じでマッサージします。
次に頬のマッサージを行い、これは頬のお肉を上に上げる感じで行います。
手を握って第二関節のあたりを頬の下に当てて真上に持ち上げ、その状態を5秒キープします。
5秒経ったら力を抜いて元の状態にします。
これを3回行います。

顔全体の血行をよくするために、首をほぐしてマッサージしましょう。
首を大きく回して、右回りと左回りをそれぞれ5回行います。
次に頭を右に傾けて首の筋肉を伸ばす、次に左に傾けて同じようにします。
最後に耳の後ろから鎖骨にかけて上下に撫でましょう。
撫でるのは10回ぐらい行うと良いです。

時間があれば頭皮のマッサージもすると良く、髪の生え際・おでこ・こめかみ部分を中心に指の腹で押して刺激を与えます。
最後は顔全体のマッサージです。
指先で顔全体をマッサージし、指で押したりさすったりしましょう。
頬や額は少し強めに行っても良いです。

このようなマッサージが小顔に効果的であり、出来るなら毎日行った方が良く、時間の空いたときにでも行い、日頃の習慣とすると忘れずに毎日行えます。
指でマッサージするときは爪を立てないようにして行い、指の腹などを使ってマッサージします。
そして一番大事なのが、強い力を入れずに、心地よいと感じるぐらいの強さでマッサージを行いましょう。
力を入れずぎて行うと、肌に赤みが出たり痛みを発生させたりしてしまいます。
もしも指でマッサージするのがやりにくいと感じる場合は、マッサージ用のローラーなどが売っていますので、それを使って行っても良いでしょう。
ローラーなら力を入れすぎる心配もないので、あまり肌を傷つけることもありません。

        Older Articles